ケーキ作りの道具

ケーキ作りでは、持っておきたい道具や、あると便利な道具、
困ったことに ケーキによってはないと作れない道具があります(^▽^;)

作りたいケーキが決まっているのなら、そのケーキに必要な道具をチェックしましょう


ケーキ作りの道具は、それぞれ異なる大きさや形があるので、実際に手に取って自分にあったものを選びましょう。
ケーキ作りを楽しむには、楽~に作業をこなせることも必要な要素なのですよ♪。
またケーキを作ったら自宅でホームパーティー☆
まだ香りが残っているうちにお友達をたくさん呼んでワイワイきっと楽しいね。

ケーキ作りの計量道具

ケーキ作りに必要な材料を正確に計ることは、ケーキ作りを成功させる大事な要素なのはもうお分かりですね?
容量をはかる計量カップと計量スプーンは確実に、重さを量る為の秤は必要な道具です。

※計量カップ
一般家庭には、計量カップはあると思うので大丈夫でしょう。200mlのカップ型が基本です。
耐熱性の計量カップは、電子レンジでも使えたりとケーキ作りに非常に便利なので、一つ持っておくと良いと思います♪。

計量スプーン
大さじ(15ml)、小さじ(5ml)の2種類があれば大丈夫です。

ケーキ作りの篩い道具

小麦粉や砂糖等の粉末の材料は、空気を含ませるために。
液体の生地は、なめらかにするために。
フルーツ等はピューレ状にするため、口あたりをよくするために篩い道具は使われます。

※万能こし器(ストレーナー)
金属製のざるのことでケーキ作りの、篩う、こす、裏ごしを全部こなせる万能道具♪

ケーキ作りの泡立て(混ぜる)道具

ケーキ作りというのは、材料同士を合わせたり、混ぜたり泡立てるのが主な作業です。
効率良く作業が行えるよう、自分に適した道具を選ぶようにしましょう。

※ボール
直火にかけられるステンレス製のボールをオススメします♪
ケーキ作りでは、大小2個あれば問題ないでしょう。

※ハンドミキサー
手で泡立てると時間も力もかなり・・・必要です。
ハンドミキサーを使用すると、大分作業が楽になります。
ケーキを作る時に、某レストランのパティシェのように、頬に十字傷を作らないように注意!(笑)
ハンドミキサーは、速度の切り替えが出来るやつが良いでしょう。

※ゴムべら 木べら
これは是非ともケーキを作る際に、持っておいてほしい道具です。
ゴムべらは、ケーキの生地をさっくりとまぜまぜしたり、更に、無駄なく取れるので非常に便利な道具です
はんぺらは、モンタナに使い走りにされたのがきっかけで以降、散々な・・・ってごめんなさい、冗談です。
え~っと、あれです、 裏ごしをしたり、火にかけた状態で練ったりする時には木べらを使うとよいでしょう。

ケーキ作りの型(流し込む)道具

丸型、プリン型、マフィン型、パウンド型、タルト型、抜き型、シフォン型と、非常に種類が多いです。
作るケーキの型にあわせて、少しずつ揃えていけば良いでしょう。
どの型にもいえるのですが、 フッ素樹脂加工の型を揃えていくのをオススメします(*^▽^)

ケーキ作りの仕上げ道具

焼き上がったケーキに飾りつけをしてケーキを仕上げていくのは、最大の楽しみです。
ここで貴方のセンスが問われますよ~?(笑)
この仕上げに使う道具がそろってくると、ケーキ作りにどっぷりとハマりますよ♪

※口金
クリームをいろいろな形に絞りだす時につかう道具です。これはみなさまも良くご存知でしょう。。
丸型と星型があると色々応用できて便利です。ケーキにデコレーショーンの幅を持たせます♪

※絞り袋
熱湯で洗えますし、更に繰り返し使える樹脂加工製のものが、衛生的でオススメです。
ケーキのデコレーションは楽しいですよ♪

※パレットナイフ
クリーム等をスポンジケーキに塗るときに使う道具で、クリームを伸ばすようにするため長めのものがオススメです。

※ケーキクーラー
焼きあがったケーキを上に乗せ、ケーキの余熱を取り、冷ます為の道具です。

※回転皿
スポンジケーキを乗せて、回転させつつパレットナイフでクリームを塗ると、綺麗に仕上がりぐぅ~でございます♪

注目サイト

引越のプロロの評判

Last update:2017/7/31